KAKA'S COFFEE CO.

MacMa CAFE METAL

TOOLS
広告

僕の愛用する金属ドリッパー「MacMa カフェメタル

通常のペーパードリッパーは、ドリッパーにペーパーフィルターをはめて使うのだが、金属ドリッパーは、ドリッパー自体にメッシュという極細の穴が開けられており、ペーパーレスで繰り返し使用することが出来るのが大きな特徴。

今回は、この製品に限らず、全ての金属ドリッパーに共通する独長を総括してみた。

  1. 金属ドリッパーの特徴
        1. コーヒーオイル – コーヒー豆には油分が含まれているのだが、ペーパーフィルターでは抽出過程でこの油分をカットしてしまう。ペーパーよりメッシュの大きい金属フィルターは、油分まで通過させることが出来る。このコーヒーオイルにより、まろやかでコクのある、とろみを帯びたコーヒーになる。
        2. 質感 – より大きなメッシュサイズは、油分と共に、微粉と呼ばれる細かいコーヒー粒子も通過させる。それにより、ざらざらした質感(印象)をコーヒーに与える。実際、金属ドリッパーで抽出したコーヒーの底には、コーヒーの粉が沈殿し、そこが好みの分かれるポイントのひとつとなる。(因みに僕の使うMacMaのカフェメタルはこの微粉の沈殿が他と比べて少ない方。)
        3. ペーパーレス – 冒頭でも述べたが、通常のドリッパーでは、毎回使い捨てのペーパーを使用しなければならないのに対し、金属ドリッパーはペーパーを必要とせず、無駄なゴミを生み出さないエコな設計になっている。しかし、その代償として、抽出後のコーヒーの粉を処理するのに手間がかかり、個人的にはその手間こそ、金属ドリッパーの唯一最大の欠点だと感じている。
  2. KONO名門ドリッパー/MacMa カフェメタル の比較
          1. KONO名門ドリッパー – キレの良い苦みが際立ち、それでいて透明感のあるさっぱりとした味わいが引き出され、とても飲みやすいコーヒーが仕上がった。
          2. MacMaカフェメタル – とろみを帯びたボディが苦みを包み込み、まろやかでコクのある深い味わいになる。また、スムースな舌触りが、味わいに立体感を生み出し、飲みごたえと満足感を与える一杯に仕上がった。

金属ドリッパーの特徴

  1. コーヒーオイル – コーヒー豆には油分が含まれているのだが、ペーパーフィルターでは抽出過程でこの油分をカットしてしまう。ペーパーよりメッシュの大きい金属フィルターは、油分まで通過させることが出来る。このコーヒーオイルにより、まろやかでコクのある、とろみを帯びたコーヒーになる。
  2. 質感 – より大きなメッシュサイズは、油分と共に、微粉と呼ばれる細かいコーヒー粒子も通過させる。それにより、ざらざらした質感(印象)をコーヒーに与える。実際、金属ドリッパーで抽出したコーヒーの底には、コーヒーの粉が沈殿し、そこが好みの分かれるポイントのひとつとなる。(因みに僕の使うMacMaのカフェメタルはこの微粉の沈殿が他と比べて少ない方。)
  3. ペーパーレス – 冒頭でも述べたが、通常のドリッパーでは、毎回使い捨てのペーパーを使用しなければならないのに対し、金属ドリッパーはペーパーを必要とせず、無駄なゴミを生み出さないエコな設計になっている。しかし、その代償として、抽出後のコーヒーの粉を処理するのに手間がかかり、個人的にはその手間こそ、金属ドリッパーの唯一最大の欠点だと感じている。

KONO名門ドリッパー/MacMa カフェメタル の比較

丁度昨日、深煎りコーヒーを抽出するのに最適なペーパードリッパー「KONO名門ドリッパー」を紹介したので、同じくコクのあるコーヒーを抽出するのが得意なカフェメタルを比較してみた。使う豆は、これまた以前紹介したロースター「COFFEE AMP THE ROASTER」で購入した、深煎りインドネシア・スマトラ。透明感があって、キレの良い苦みが特徴的な、本当に美味しい豆(超おススメ)。

同じ条件・レシピで抽出したが、やはり見た目・味共に違いは歴然。

  • KONO名門ドリッパー – キレの良い苦みが際立ち、それでいて透明感のあるさっぱりとした味わいが引き出され、とても飲みやすいコーヒーが仕上がった。
  • MacMaカフェメタル – とろみを帯びたボディが苦みを包み込み、まろやかでコクのある深い味わいになる。また、スムースな舌触りが、味わいに立体感を生み出し、飲みごたえと満足感を与える一杯に仕上がった。

どちらが言い悪いというのは一切無く、どちらもそれぞれの良さを持つコーヒーを抽出できる。

ドリッパーが変わるだけでこんなにも味わいが変わるのか、と毎回比較するたびに驚かされる。そして、そんな多種多様なドリッパーの中から、自分の好みに合ったドリッパーを見つけることは、コーヒー道の最大の楽しみのひとつであるのだ。

ぜひその比較のひとつとして金属ドリッパーを選択してみてはいかがだろうか。

左:KONO名門ドリッパー 右:MacMaカフェメタル