KAKA'S COFFEE CO.

FUGLEN TOKYO

CAFE
広告

サードウェーブコーヒーに興味がある人で知らない人はいない超有名店「FUGLEN TOKYO」

サードウェーブコーヒーとは、豆の産地ごとの個性を重視し、その個性を引き出すための焙煎、抽出を追求スタイルの総称である。コーヒーの栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理に至る全ての工程にこだわった「スペシャルティコーヒー」の中でも、産地の個性をより強く引き出すために、浅めの焙煎で、軽やかで爽やかな、フルーツのような酸味を含ませたコーヒーをサードウェーブコーヒーと呼ぶ(と個人的に解釈している)。

因みに「第三の波」と言うだけあって、もちろん第一第二の波も存在し、インスタントコーヒーなどの大衆向けに普及されたコーヒー文化が「ファーストウェーブ」 、スターバックスを代表とするシアトル系コーヒーの深煎りで風味の強いコーヒーやアレンジコーヒーの流行が「セカンドウェーブ」とそれぞれ呼ばれる。

そんなサードウェーブコーヒーの代表格が、コーヒー文化の栄える北欧のノルウェー・オスロに本店を持つ「Fuglen」だ。そして、そんなFuglenの海外進出第一号店がここ東京にある。日本にいながら、世界の最先端のコーヒーが飲めるとは、なんと幸せなことだろう。本当にFuglen様様、東京様様です!実際、カフェのお客さんは半分以上が外国人で、わざわざコーヒーを飲みに行くだけの価値がある場所だということは一目瞭然である。

Fuglenのコーヒーを飲むと、それまで抱いていたコーヒーの概念が180度変わる。(と言われて行って本当に変わった僕が言うのだから間違いない!)美味しいコーヒーが飲めるのはもちろんのこと、北欧家具で統一されたシックな店内には、これまた洒落た北欧のヴィンテージ陶器が飾られており、とにかくめちゃくちゃかっくいいんだよ!!

行ったことない人は絶対行くべきだし、僕自身これからも通い続けたいお気に入りのカフェ。