KAKA'S COFFEE CO.

Hario V60 vs Kalita Wave

TOOLS
広告

サードウェーブ系のカフェで使われているドリッパーといえば、大抵 Hario V60(写真左)とKalita Wave(写真右) の2択(因みにどちらも日本製)。

Hario V60はスパイラル状のリブ(内側にある凹凸)が特徴的な円錐形のドリッパーで、他のドリッパーに比べてお湯の落ちる速度が格段に速く、お湯とコーヒー豆の接している時間が短い。一般的に、コーヒーの成分は上質なものから溶け出し、時間が経てば経つほど苦みや渋みといった雑味成分まで抽出される、と言われており、Hario V60はそんな上質なコーヒー成分だけを抽出するのに適したドリッパーと言える。また、抽出の技術による味のコントロールの自由度が高く、理想とするコーヒーを追求する楽しさを存分に味わえる。しかし、逆に言うと、抽出速度が速い分、しっかりと豆全体に均等にお湯を注がなければ、味にムラが出来てしまい、使いこなすのに一定レベルの技術を要してしまう。

そんなHario V60に対し、Kalita Waveは平らな底面と、その名の通りウェーブ状のフィルターが特徴的なドリッパーで、お湯を注ぐと、一度湯溜まりができてから、一定の速度を保ちながら抽出されていく。お湯の注ぎ方に左右されることなく、味ムラの無い安定した抽出が出来るという点が、Kalita Waveの最大の魅力である。因みに、超個人的な不満点なのだけれども、ドリッパーの容量が小さくて、一度に淹れられるコーヒーの量が制限されてしまう。今から買う人には、1人用に使おうと思っていても、2~4人用を買うことをお勧めしたい。

結論として、僕は、自由度のHario V60、安定性のKalita Waveと解釈している。どちらも最高に美味しいコーヒーを淹れられることは間違いないが、特徴の違いを理解し、何を優先するかによって使い分けをすることが大切ではないだろうか。